2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

染色

2018年7月 3日 (火)

バンブーストール

 もう7月になりましたね。

以前、お客さまより、

バンブーストールの柔らかい肌触りに感動され、

「淡いピンク系で染めて欲しい」とのご依頼を受け、

昨日、納品させていただきました。



染め上がった色を見て、とても気に入って下さり、

お客さまの顔にパッと華が咲いたように

とてもお似合いでした。

Sさま、有難うございました。



茜で染めました。

S_2




こちらのバンブーストール。

Natural Green Leafの中では一番人気のストールです。

薄手でとても軽くて、柔らかく、汗をかいても蒸れにくく、

吸湿性や通気性に優れた気持ちよい肌触りです。

また、静電気が起こりにくい素材ともいわれています。



夏は爽やかに、冬は暖かく、

季節を問わず、ほぼ1年中、お使いいただけます。



サイズは約52cm×180cm。



直接、触れていただきたいので、

イベント時のみ、販売しております。ご了承下さい。


========================

flag イベント出店のお知らせ

2018年7月21日(土)10時~17時まで

【巣ごもりの日】に出店致します。

場所:命泉堂薬局さん2階、セミナールームにて。

(大阪府八尾市北本町1-3-30 telephone 072-998-6660)



おたのしみに~note




2018年6月11日 (月)

ウールのベストを染める

 昨日、かねてから染めてみようと思っていた

10年位前に買ったユ○クロのウール100%ベスト。

元々のベビーピンク系の色が

薄くなってきたので、染めてみました。

ちょうど、

茜でストールを染めた液が残ったので、

思い出して染めることに・・・。





ウールを染めるとき、

全ての工程において、温度に気をつけないと

フェルト化し、風合いが損なわれてしまいます。





ウールは先媒染。

今回はみょうばんを使用。

後媒染だと、負担がかかるからだと思います。





媒染後のベストを

茜の染液の中へ入れ、温度をゆっくり徐々に上げ、

染めムラにならないように、時折、ベストを動かします。

<染色中>

Photo_2

液温が60℃以上になると、一気に色が

ウールの糸へ移って(入って)いきます。



その内に、お鍋の中の赤みを帯びた染液も

薄くなり、黄みの染液が残りました。

ウールは赤みのみが染まるんだなぁ~と。

そのまま、自然冷却・・・。

Photo_3

冷却後、ベストを引き上げてみると、

ほぼ色みがベストに移り、黄み系の染液のみ残りました。

ウールはタンパク質を含む繊維なので、結構、染まります。

Photo_6


<染色前のベスト>

Photo_5

染色後、乾燥させると、ほんのり赤みが増しました。

欲しかったちょうど良い色合いになり、

フエルト化もしなかったので良かったです!good


<染色後のベスト>

Photo_4

しかし、ここで、1つ失敗が・・・sweat01

染色前のサイズを測っていなかったこと・・・。

ちょっと縮んでいるような・・・coldsweats01



着てみると、大丈夫でした。

でも、今度から、気をつけないといけませんね happy01

2018年4月19日 (木)

待望の新色~☆

 ご好評いただいている、

シルク100%手袋に待望の新色~!shine







以前から、お客さまより、

「『紫根』や『藍』で染めてほしい・・・。」という、

お声をいただき、数に限りがありますが、

染めてみました!happy01






どちらもキレイな色に染まりました!shine

紫根

Ngl_2

Ngl_3






他にも、茜、よもぎ、カモミール、アボカドの皮で

染めた物もありますよ~happy01

フリーサイズです。

Ngl_4

画像は、一部です。

お色めは、光の加減で実物と多少、異なります。

ご了承ください。







こちら、4/21(土)開催のイベント、

【巣ごもりの日】<入場無料>より、お目見えしますnote

母の日のプレゼントや、

ご自分へのごほうびにいかがでしょうか?

クリック又は、タップすると拡大します↓

4



お天気も良さそうです。

出展者の皆さんとお待ちしております!happy01

2018年3月17日 (土)

新作☆シルク腹巻

 この前、お客さまより、

「腹巻を染めていただけませんか?」という

ご依頼があり、ご希望の色が、

桃色~赤系の暖色系でとのことで、

薬効があるといわれている『茜』で

シルクの腹巻を染めました。

Photo



茜は浄血作用や婦人科系疾患への効果があると

言われ、昔から女性の腰巻や赤ちゃんの産着にも

使われています。

また、暖色系は見た目にも体を温めてくれると

脳が勝手に思い込むことがあると聞いたことが

あります。

それと、子宮の色とも言われています。




女性にとって、欠かせない色のようですねheart04




この腹巻は、

国内の工場で編み上げられています。

シルク 99%、ポリウレタン 1%で組成され、

伸縮性のあるポリウレタン糸が

直接、肌に触れないよう、シルクの糸で2重に

カバーリングされた糸を使用しているため、

お肌に敏感な方にもオススメです good

Photo_3





サイズはフリーで、

約50cm×約25cm(置き寸)のロングタイプ。

胸から腰の下辺りまでカバーでき、

折り返して、2重にしても、

クシュクシュッとして、ネックウォーマーにも・・・。

ラクに伸びるので、

様々な体型の方に優しくフィットします。



薄手ですが、保温性・保湿性に優れ、

オールシーズンお使いいただけます。

こちらを納品すると、

ご希望に添えたお色だったようで、

とても喜んで下さいました。有難うございますconfident

お客さまの身体に

寄り添うアイテムとなりますように・・・shine

2018年3月 4日 (日)

腹巻きを染める

 先日の満月fullmoon、とてもキレイでしたshine

所用の帰り、昇ってすぐだったのか、

ひときわ、大きく輝いていました。思わず、camerashine

Kimg1724_2


お客さまより、腹巻きを

桃色~暖色系で染めて欲しいとの

オーダーをいただきました。

有難うございます confident




染めていて、気付いたのですが、

普段、月の満ち欠けなど、意識していませんが、

満月期(満月を挟んで前後2日位を言うそうです)に

からだに優しく、暖かいシルクの腹巻きを

染め始めていました。

満月fullmoonのパワーが入っているのかも・・・ happy01

少しずつ、茜の染液を重ね染め。

Photo

お鍋にある染液の赤みが、

少しずつ、薄くなっているようで、

ゆっくり、ゆっくり、腹巻きに色が入っていきます。



この時間も、愛しいheart04



素敵な色に染め上がりますように・・・shine

2018年2月25日 (日)

シルク100%手袋納品♪

  大阪天満宮・えびす門前にあるカフェ、

アンズ舎さんへ、シルク100%手袋の納品へ。


その前に、天神さん(大阪天満宮)で

梅まつりをしていたので、ちょこっと寄り道。

2週間前、天神さんにいった時は、

まだ、つぼみだった紅梅の木も、

一部、ほぼ満開のようで、キレイでしたhappy01

今年は寒いので、例年よりも遅いのだそう・・・。

Kimg1682

そして、アンズ舎さんへ。

手肌にやさしいシルク100%手袋、

こちらを天然染料やべんがら染料で染めました。

とてもやさしい色合いですconfident

どの色もやさしく包んでくれるような感じで

ホッと癒されます confident

男性の方にも使っていただけるように、

カモミールティーのカモミールを鉄媒染した

渋めのお色もありますよ。



Natural Green Leaf は、

入口を入って、すぐ右手奥の棚のいちばん下に↓

1

シルク100%手袋(手前)とシルクウール5本指靴下(奥)。

2


アンズ舎さんで、

ほっこりしながら、見ていただけると嬉しいですheart04

2018年2月15日 (木)

重ね染めで得たもの

 バンブーストールの肌触りが良いと

気に入ってくださったお客さまより、

「サーモンピンク系の色に染めて欲しい。」との

オーダーを受け、思う色になるまで、何度も、

茜+みかんの皮+玉ねぎの皮を調整しながら、

重ねて染めました。

Photo


染液を重ねるたびに、

それぞれの染料の色みが

少しずつ増していく経過が楽しく、また、愛しく、

微妙な段階まで来たとき、

染料を染め重ねるか、ここで止めるか・・・と、

何度もストールと相談。

この相談が難しい選択でありながらも楽しかったですhappy01

染料単体が持つ色みももきれいですが、

違う染料を重ねることで、生まれる色みの

バリエーションも増えそうですgood



また、1つ学ばせていただいたことに感謝ですconfident

有難うございます。


shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

Natural Green Leaf からのお知らせ

<イベント>

☆ 巣ごもりの日☆

2018年2月17日() 10時~17時

2

train 最寄駅:“近鉄八尾駅”下車、西出口、徒歩5分。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

<作品が購入できるところ>

☆アンズ舎(や)☆さん

大阪市北区天神橋1-18-19 フラットワン天神橋1F

(大阪天満宮・えびす門前)

train 最寄駅:大阪市営地下鉄“南森町”下車。

現在、天然染料で染めた、シルク100%手袋、販売中!

 

2018年2月 5日 (月)

映画・カンボシアの染織物

 昨年から楽しみにしていたドキュメンタリー映画、

『カンボジアの染織物』をみてきました。

Kimg1567

こちら、映画のタイトルでもある、

森本さんの遺作となった絹織物のろうけつ染め↓

何度もろうけつ染を重ね、グラデーションが素晴らしいshine

Kimg1568


京友禅職人の森本喜久男さんをはじめ、

工芸村の女性の皆さんの染織風景や

村民の日常を1年半記録した映画でした。



とても、美しい絣織物shine

デザインは全て、織り手である女性の頭の中にあり、

とても丁寧に織り上げられていました。

Kimg1564

村の植物も豊富で果物の皮やその樹皮をアルミや鉄媒染で

染め上げられていました。

Kimg1562


そして、この映画を観て、色々、感じるものがありました。

お蚕さんが作る糸(シルク)にお世話になっている私。

でも、あの形と動きがどうしても苦手でしたsweat01

学生の頃、生物の授業で、リアルな挿絵があって、

教科書が開けなかったり、板書できなかったり、

画像に出てくるだけで、ゾゾっとしていたのですが、

それでも、尊敬の思いを込めて、お蚕さんと呼んでいます。

この映画に出てきたたくさんの黄色いお蚕さんをみて、

自分でも不思議ですが、とても愛しくみえました。

日本のものとは違い、黄色い繭を作り、

まるで、黄金のように光輝いていました。



国内外を問わず、この小さなお蚕さんから、

貴重な糸をいただいているのだと、改めて、しみじみ confident

現在はシルクがより身近な存在となり、穴があいても、

繕ったり、使えなくなるまで、色々、形を変えて、

私の生活には欠かせないものとなりました。

これからも、大切に慈しみながら、シルクを染め、

1人でも多くの方にその良さをお伝えできたらと思います。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

=Natural Green Leaf からのお知らせ

<イベント>

☆ 巣ごもりの日☆

2018年2月17日() 10時~17時

2

train 最寄駅:“近鉄八尾駅”下車、西出口、徒歩5分。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

<作品が購入できるところ>

☆アンズ舎(や)☆さん

大阪市北区天神橋1-18-19 フラットワン天神橋1F

(大阪天満宮・えびす門前)

train 最寄駅:大阪市営地下鉄“南森町”下車。

現在、天然染料で染めた、シルク100%手袋、

絶賛販売中!

 

2018年2月 3日 (土)

再発見!☆

  お客さまより、バンブーストールを

サーモンピンク系に染めて欲しいと

ご注文を受けました。

何度か試してみるものの、思考錯誤中・・・。

茜で染液を煮出すとはじめは、

サーモンピンク系(やや黄みが強い色)の色みが出てきます。

Photo

赤みを帯びる前に染料を取り出し、何度か、それを繰り返し、

染液を作って、いざ、染めてみると、

バンブーは染液に含まれる微量の赤みのみを吸い上げるようで、

残液には、黄み系が残ります。

※サーモンピンク系の染まっているように見えて、

生地はキレイなさくら色cherryblossomに染まっています。

1_2


今まで、鍋で染めていたからか、自分の思い込みもあり、

繊維によっては同じ染料でも染まり方が違うものがあることは

知っていたけれど、そういう反応が出るなんて、

初めて気付きました。

どおりで、何度か試しているのに染まらないはず。



染色→みょうばん媒染→染色・・・の工程を繰り返し。

他の染料と掛け合わせてみようか、

べんがら染料で染めるか・・・。



いずれにせよ、

また、学ばせていただいた事に感謝! shine

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

=Natural Green Leaf からのお知らせ

<イベント>

☆ 巣ごもりの日☆

2_2

2018年1月19日 (金)

新しい色が仲間入り☆

 今日は、ブログ2本立ての1本目!happy01

 シルク100%手袋に新しい色が仲間入りしました。

アボカドの皮で染め、

媒染はみょうばんと木酢酸鉄を使いました。

みょうばん→ペールベージュ系

鉄→シルバーグレイ系

※光の加減により、画像と実物の色と多少異なります。ご了承下さい。

Photo

鉄媒染の時、少し量が多かったようで、

濃く染まってしまいましたが、草木染のやさしい色合いに

染め上がりました。

そして、昨年の12月に

【巣ごもりの日】に出店させていただいた時、

お客さまより、「レッグウォーマーがあればいいな~happy01」という

お声から、こちらもアボカドの皮で染めました。

アドバイス、有難うございました confident

こちらも良い感じに染め上がりましたgood

※光の加減により、画像と実物の色と多少異なります。ご了承下さい。

S

同じシルクでも、こちらは、ワイルドシルクと言って、野蚕(やさん)。

シルクには、家蚕(かさん)と野蚕があり、簡単に言うと、

家蚕は人の手によって品質改良されたもので、

光沢があり、しっとりなめらかな感触。

野蚕は自然界にいるお蚕さんで家蚕のシルクに比べて、

繊維が太く、独特のシャリ感を持っています。

どちらも、人の皮膚と同じアミノ酸を持ち、

風合いは少し違いますが、肌にやさしく、保温性、保湿性などに

優れていると言われています。

ぜひ、手に取って、ご覧下さいねnote

明日のイベント【巣ごもりの日】より、お目見えですsign03

20181

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー