2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ

2017年6月の投稿

2017年6月10日 (土)

ヘナで染色②

 先日のヘナで染色の続きです・・・。

ヘナは毛染め用として販売されているので、

とても細かい粉末。

それをお湯に溶いて使うようです。

A

溶いたものを鍋に入れて、お湯を足し、温度を少し上げ、

染液が完成↓

B

染液、まるで、カレーのようですが、香りは草、そのもの。

私はこの香り、好きなので、特に気になりません。

先日、豆乳で前処理した、

バンブーストール、コットン、シルクの糸を染色。

1回目の染色後の写真を撮り忘れてしまいましたが、

植物そのものが持つタンニンのせいか、

うっすらと茶系に染まりました。

発色と色止めの効果がある、みょうばん媒染を施すと、

キレイな蛍光の黄緑色に・・・。

Photo

これは、期待できる!・・・とは、裏腹に、再び、染色すると、

1回目の染色後よりも染め付きは良いのですが、また茶系に。

乾くと半分の色みになるので、かなり、薄くなります。

Photo_2

その後、

染色→水洗→みょうばん媒染→水洗→染色→乾燥・・・の

工程を何度か繰り返し行うものの、

水洗や媒染中に染料がかなり、流失・・・sweat01

色を重ねる毎に少しずつではありますが、定着しているようです。

こちら、途中経過↓  

Photo_3

バンブーストール↓

Photo_4

そして、この浸染式ではなく、

もう1つの染色方法を試してみようかと思案中・・・happy01

2017年6月 6日 (火)

ヘナで染色①

 6月、そう、雨の季節のはじまりです。

和名では、『水無月』。

この水無月という漢字や読みの響きが好きですhappy01

何か、良いですよねheart04

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+

 5月のイベント“巣ごもりの日”で、

ご一緒したヘナ愛好家のNさん☆

バンブーストールの肌触りの気持ちよさに感動され、

ご自分が愛用されている「ヘナで染めて欲しい。」との

ご依頼を受けました。

初めて、草木染の染料として使います。

ヘナは白髪染めや髪のトリートメント剤や、

最近では、体内のデトックスに用いられていて、

人気なのだとか。

20年程前に私も美容室でヘナのトリートメントを

してもらったことがあります。

植物そのものの、草の香りで、私は好きでした。

そのヘナでの染色、どんな色に染まるのか、

想像できるような、できないような・・・。

Nさんからお預かりしたご愛用のヘナは貴重なので、

ナチュラル志向のお店で販売されている、

オーガニックのヘナで試作というか、試色。

Photo

草木染はシルクやウールのような動物性繊維が持つ、

タンパク質により、染まりが良いのですが、

バンブーストールの元の繊維は竹。つまり、植物性繊維。

シルクやウールのようなタンパク質を持ち合わせていないので、

染まりをよくする為に前処理として、本来、豆汁を使いますが、

豆乳で代用しました。

<豆乳で前処理中>

Photo_2


続きはまた後日・・・note

« 2017年5月 | トップページ