2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 梅雨の風物詩 | トップページ | ベンガラ(土)で染めようの会 vol.3 »

2016年6月28日 (火)

ハイビスカス染色♪

 日付が変わってしまいましたが、昨日、Harb Timeさんの

アトリエをお借りしてのハーブ染色のワークショップでした。

2回目はハイビスカスを使ってシルクストールを染めました。

ご参加くださいましたお客さま、Herb Timeさん、

有難うございました!お疲れさまでした!


ウェルカムドリンクがとてもキレイ!shine

ハイビスカスティーとオレンジジュースが2層に分かれて、

見た目も夏らしく、甘さ控えめでおいしかったですnote

Kimg5818

そして、染色本番。

ハイビスカスの花びらはアントシアンという色素を持っており、

花びらをあまり高温で煮出すと色がくすむので、

40℃くらいで色素を取り出し、みょうばんで先媒染後、

手でモミモミと揉み込んで色素を定着させていきました。

染色中はピンク色に染まっています。

Kimg5819_2

Kimg5821_2

Kimg5822_2

ハイビスカスの花びらはフレッシュな生の状態から

ドライになるにつれてクエン酸が増えるらしく、

酸性に偏っています。

それを普通の水道水で水洗いをすると、水道水に

含まれる若干の塩素により、中性寄りになるので、

ピンク色から変色するようで、今回は最初から最後まで

水にこだわり、贅沢にミネラルウォーターを使いました。

出来上がりはコチラdown

Kimg5831_2

涼しげなラベンダー色に染め上がりましたshine

天然染色の面白いところは、同じ条件で染色していても、

その時のちょっとした水加減だったり、染料の重さだったり、

その染料が採れた季節により、染め上がりが変わります。

まさに一期一会なのです。

今日はハイビスカスづくしの1日。

ドリンクも貴重な生のハイビスカスの花びらを使ったハーブティー。

いつも口にする飲みなれているドライのものとは、

ひと味違う香りと甘さと酸味 confident

Kimg5823 Kimg5830

見た目もきれいなハイビスカスティーと甘酒の紅白

デザートもハイビスカスのジュレ。

どれも、おいしかったですnote

Kimg5829_2

=========================

flag【ワークショップのお知らせ】

7/30(土)に『ベンガラ(土)で染めようの会 vol.3』

詳細は近日中にアップいたします!

お楽しみに!

« 梅雨の風物詩 | トップページ | ベンガラ(土)で染めようの会 vol.3 »

ワークショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1579827/66234330

この記事へのトラックバック一覧です: ハイビスカス染色♪:

« 梅雨の風物詩 | トップページ | ベンガラ(土)で染めようの会 vol.3 »