2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の投稿

2013年3月10日 (日)

ひと手間をかける

 3月に入り、暖かくなったと思えば、寒の戻りで今日は寒かったですね。

今日はかねてから楽しみだった大阪天満宮近くのカフェ、アンズ舎さんで

珈琲教室cafeに行って来ました。

講師は京都木津川にある、nakayama coffeeさん。

アンズ舎さんの珈琲豆はこちらでブレンドされています。

 『おいしいコーヒーcafe』を飲みたいと思って、基礎の基礎から教えていた

だきましたhappy01 

今まで市販されているインスタントコーヒーやドリップ式でしか淹れたことが

ないので、殆どのことが初めての体験でした。

お手本でnakayama coffeeさんが適量と適温で淹れたコーヒーはもちろんの

こと、格別に香りも良く、おいしかったですhappy01

これが、珈琲豆の量が少なかったり、ぬるめのお湯で淹れるとおいしさが半減down

したり、おいしい淹れ方のコツなども教えていただきました。

私と同じように参加された方は3名いらして、お手本どおりに淹れるのですが、

なかなか難しく、皆、同じ豆なのに、それぞれ香りも味が違うのは驚きでしたhappy02

1回目は機械で豆を挽きました。

それと、やってみたかった“手挽きミル”。2回目は手挽きにしました。

nakayama coffeeさんいわく、「“手挽きミル”の方が味がまろやかになります。」

の言葉通り、1回目に淹れたものよりも、まろやかでおいしかったです。

“手挽きミル”のハンドルをクルクル廻している時間はとても楽しかったですnotes

1人分の豆を挽いただけなので、時間にすると短かったですが、“手挽き”の

ひと手間がこんなにおいしく、ちょっと贅沢な感じがしました。

Ts3l1108 Ts3l1109 Ts3l1110

上記画像、左:1回目体験後 中:お手本のドリップ 右:コーヒーに合うバナナケーキup

何でも“ひと手間をかける”ことは、その物事に対して、丁寧に接しているのですね。

染色する時とお茶(煎茶やほうじ茶など)を淹れる時はできるだけ、丁寧に接する

ように心がけていますが、それ以外の日常は何も意識していないなぁ~と・・・。

改めて、“ひと手間をかける”ことって大切だなぁと思いました。

今日は色んな意味で勉強になりました。

nakayama coffeeさん、アンズ舎さん、有難うございました。

皆さん、おつかれさまでしたhappy01

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »