2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 新色登場~♪ | トップページ | 先日のプティブルグ市☆その1の続き »

2012年6月17日 (日)

昨日のプティブルグ市 その1

 昨日はあいにくのお天気でしたrain

そんな雨の中、足を運んで下さったお客さま、ご購入して下さったお客さま、

有難うございました。作家の皆さま、スタッフの皆さま、お疲れ様でした。


 とても嬉しいことがありましたhappy01

以前、別のイベントでお知り合いになったIさんのお母さまが

私が染めるバンブーストールを気に入ってくださり、この足もとの

悪い中、わざわざ来て下さいました。

先月の路地裏マーケットではお気に召す色がなかったので、

今月にカフェ・ブルグさんでの手づくり市のことをお伝えしていたのを

覚えて下さり、「あなたが染めているお色はとてもキレイだから・・・」と

おっしゃって下さいました。続けていて良かったな~と思いましたscissors

下記画像:真ん中のブルーベリーで染めたバンブーストールを

ご購入されました。有難うございますsign03

これを励みに、これからも頑張ろうと思いますgood

※画像の上をクリックしていただくと拡大します。

Ts3l0651 Ts3l0655 Ts3l0656_3


 さて、お次は、おなじみの女子心をくすぐるあの方ですsign03

そう、アクセサリー作家のcalm timeさん。

今回は革ひもブレスレットがお目見えeyeでした。

これから、夏に向けて、手首や足首につけるとオシャレですねshine

他にも指輪やピアス、ネックレスと夏らしいアイテムが勢ぞろいsign03

※画像の上をクリックしていただくと拡大します。

Ts3l0672 Ts3l0670 Ts3l0673


 calm timeさんと私は、7/7(土)七夕京都の下鴨神社・糺の森

【第5回 森の手づくり市】に出店します。ブースNO. 150です。

ぜひ、お越し下さい。お待ちしておりますheart04

 


 続いてはステンドガラス作家のfrauさん。

光に照らすと、またひと味違った色を放つ、ステンドガラス。

昨日はあいにくのお天気だったので、自然の光がなく、室内の灯りのみ

でしたが、今回の画像は外からみた感じをお届けします。 

※画像の上をクリックしていただくと拡大します。

Ts3l0667




 それから、それから、今回が最後のお菓子担当のanzuさん。

最近、日本茶に興味をもたれたようで、先日もうちのお店(石本川口軒)に

来られ、義父や義兄に日本茶のことを色々、質問されていました。

緑茶やほうじ茶、抹茶での新しいお菓子のメニューを色々と試作され、

商品化に向けて奮闘中sweat01

試作が商品化された“緑茶のポルポローネ”下記画像より、左

こちらのグリーンは着色料を一切使わず、緑茶の茶葉のみ使用されて

います。口に入れると緑茶の香りが広がり、とてもおいしいですヨlovely

そして、おなじみの“アイシングクッキー”は今日の父の日クッキーと

バンビちゃんと白うさぎちゃんに梅雨ということで、傘のモチーフもありました。

下記画像より、真ん中

そしてそして、本人いわく、「最後なので、赤字覚悟で作りました~sign01」という

“抹茶くずプリン”“クリームチーズのパウンドケーキ”下記画像より、右

どちらも食べて見たかったのでムリをお願いして、frauさんとハーフ&ハーフに

していただきました。anzuさんfrauさん、どうも有難うございましたhappy01

どちらもおいしくて、ハーフ&ハーフにしていただいてよかったですgood

anzuさんは6月末でカフェ・ブルグさんを卒業され、かねてからの夢である、

ご自分のお店をオープンされます。私も今から、ものすごく楽しみですlovely

※画像の上をクリックしていただくと拡大します。

Ts3l0660 Ts3l0677 Ts3l0680

anzuさんのブログはhttp://anzucolocolo.blog.fc2.com/blog-entry-16.html



つづきはまた後日にアップさせていただきます。お楽しみにnote

« 新色登場~♪ | トップページ | 先日のプティブルグ市☆その1の続き »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新色登場~♪ | トップページ | 先日のプティブルグ市☆その1の続き »