2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 路地裏マーケット その2 | トップページ | 4月のイベント情報 »

2012年4月 1日 (日)

一年の計は4月にあり

 今日から4月。サクラcherryblossomの季節がやってきました。

 『一年の計は元旦にあり』といいますが、

私の中では『一年の計は4月にあり』なんです。

と、いっても、“~したい”とか“~しよう”と思っていても、

意思の弱い私は流されっぱなし・・・coldsweats01

昨年は“手づくり市に毎月、出店するsign03と決め、

どうにかこうにか1年間、続けることができました。

今後もそれは、自分ができる範囲で続けていきたいです。

そして、今年は自分の中で思っていることを1つでも実現したいし、

近づいていきたいと思っています。

 

 まず、しばらく、織機と向き合えていなかったので、

久々に“シャララ~、トントン(経糸に緯糸を通し入れる音で

私はこのように聞こえます)”とまた、布を織っていきたいと

思うようになりました。

布を織る作業は準備に8割、織る作業は2割なのです。

私はその準備が苦手なのですが、それをしないと

大好きな、織る作業に到達しません。

頻繁に【織】をされている方にしたら、

何を甘っちょろいことを・・・と思われるかもしれませんが、

つい、億劫になってしまいます。

でも、織っている時はとても至福の時間ですconfident

 

 この前、【織】の恩師であるO先生から先生のお友達で

ご自分で蚕(かいこ)を卵の時から育て、繭から引いた糸を

季節の草木から色をもらって染め、創作マフラーを織って

いる染織作家のYさんの作品展のハガキが届きました。

早速、京都へ・・・。

ギャラリーにはYさんもいらして、初対面の私にも丁寧にお話して

下さいました。作品はその人を映し出すものと聞いたことがあります。

それはそれは、とてもやさしい色と柄と感触でもちろん、同じものは

ありません。

「お蚕さん(敬意を表して)とのコラボレーションです。」とYさんは

おっしゃってました。

私はお蚕さんにお世話になっているのに、どうもあの形が苦手で、

Yさんのように一から育てることはできませんが、自然の営みが

作り出す糸や色を大切に織っていきたいと思います。

もちろん、【染色】も続けていきますhappy01

 

 下記画像、Yさんの作品。

画像(真ん中)少しブレていて申し訳ございません。

Ts3l0749 Ts3l0750 Ts3l0751_2

« 路地裏マーケット その2 | トップページ | 4月のイベント情報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 路地裏マーケット その2 | トップページ | 4月のイベント情報 »